事業家出身の
M&Aアドバイザー

フォーナレッジ代表の加藤綱義は、
外食、教育、建築設計、製造、フランチャイズなどの事業を経験し、
上場企業の代表も務めた、事業家出身のM&Aアドバイザーです。
自身の豊富な経験を活かし、
企業経営者様と同じ視点に立ってM&Aをサポートします。

代表メッセージはこちら

あらゆる業種・規模の
M&Aに対応

多彩な各業界の経営者様とのつながりを活かし、業界の枠を超えたマッチングを実現します。
中小企業を中心に、あらゆる規模のM&Aに対応しています。
金融機関や大手M&A仲介会社の多くが対応していない、
実質売買金額1億円以下のM&Aも積極的に支援しています。

M&A案件はこちら

安心の完全成功報酬制

フォーナレッジの料金体系は、
M&Aが成立した場合のみ報酬が発生する完全成功報酬型。
着手金や中間手数料もかからないリーズナブルな料金体系です。

料金体系はこちら

クロージングまで
迅速に対応

当社の豊富な実績ノウハウと迅速な対応によって、
通常3か月~6か月という短期間でクロージングを実現します。

企業情報はこちら

譲渡案件

譲受案件

お知らせ&コラム

フォーナレッジの4つの強み

1.事業家出身のM&Aアドバイザー

フォーナレッジ代表の加藤綱義は、外食、教育、建築設計、製造、フランチャイズなどの事業を経験し、上場企業の代表も務めた、事業家出身のM&Aアドバイザーです。自身の豊富な経験を活かし、企業経営者様と同じ視点に立ってM&Aをサポートします。

2.あらゆる業種・規模のM&Aに対応

特定の業界・業種に限定されない多様なネットワークも、フォーナレッジの強み。各業界の経営者様とのつながりを活かし、業界の枠を超えたマッチングを実現します。日本M&Aアドバイザー協会 正会員として、中小企業を中心に、あらゆる規模のM&Aに対応しています。

3.安心の完全成功報酬制

フォーナレッジの料金体系は、M&Aが成立した場合のみ報酬が発生する完全成功報酬型。着手金や中間手数料もかからないリーズナブルな料金体系です。金融機関や大手M&A仲介会社の多くが対応していない、実質売買金額1億円以下のM&Aも積極的に支援しています。

4.クロージングまで迅速に対応

2011年11月の創業以来、5年間で21件のM&A案件を成約・クロージングした実績(2015年12月現在)が、当社のノウハウの証です。迅速な対応によって、通常3か月~6か月という短期間でクロージングを実現します。

M&Aの流れ

※売却をご検討の場合

Step1無料相談・お打ち合わせ

まずは電話やWebでお気軽にご相談ください。
事業承継に関するお悩みやM&Aを検討される理由など、
売り手企業の株主様・経営者様から詳しくお聞きします。

Step2秘密保持契約の締結

実際にM&Aを進めるにあたり、
売り主様と当社の間で秘密保持契約を締結します。

Step3ノンネームシートの作成・案内

ノンネームシートとは、匿名でまとめられた企業概要書のことです。
特定されることのない範囲で業種や特徴、売上などを記載し、
買い手候補を見つけるための情報発信を行います。

Step4ネームクリアの確認

買い手候補の企業名を売り手企業に伝え、
売り主様に確認をとる作業をネームクリアといいます。

Step5買い手企業様から秘密保持受領

ネームクリアの確認ができたら、
秘密保持契約を買い手企業から売り手企業に差し入れます。

Step6実名・資料開示

ここまでのプロセスを経て、売り手企業の
名前と初期検討資料(会社案内、財務資料等)を開示します。

Step7買い手企業様による検討

初期検討資料をベースに買い手企業が検討。
売り手企業に対する質問や、追加で必要な資料などがあれば随時対応します。

Step8意向表明書の提出 ※法的拘束力なし

買い手企業から売り手企業に対し、譲受の方法や条件、
スケジュールなどが記された「意向表明書」を提出。
M&Aを進める意向を書面で正式にします。

Step9トップによる面談

双方の経営者様による面談を行います。
経営方針などについて意見を交換し、
お互いに「M&Aにふさわしい相手かどうか」を判断します。
この面談を「STEP8:意向表明書の提出」の前に行うケースもあります。

Step10基本合意書の締結

双方が基本的な事項を合意した場合、「基本合意書」を締結します。
なお、独占交渉権が付与されますので
売り主様は他との交渉が一切できなくなります。

Step11デューデリジェンスの実施

買い手企業によるデューデリジェンス(資産価値や法的なリスク、
成長性などを総合的に調査すること)買収監査を行います。
主に「財務・会計DD」「法務DD」「事業DD」の3つがあります。

Step12最終契約書の締結

株式譲渡契約書、事業譲渡契約書、分割計画書、
業務提携に関する契約書などを締結します。

Step13決済・クロージング

最終契約書の締結、決済をもって、一連の取引が完了。
M&Aがクロージングします。

料金体系はこちら M&A案件はこちら
MENU CLOSE ×

MENUM&Aの流れ

STEP1

無料相談・お打ち合わせ

STEP2

秘密保持契約の締結

STEP3

ノンネームシートの作成・案内

STEP4

ネームクリアの確認

STEP5

買い手企業様から秘密保持受領

STEP6

実名・資料開示

STEP7

買い手企業様による検討

STEP8

意向表明書の提出
※法的拘束力なし

STEP9

トップによる面談

STEP10

基本合意書の締結

STEP11

デューデリジェンスの実施

STEP12

最終契約書の締結

STEP13

決済・クロージング

Q&A

よくあるご質問

Q1.従業員や取引先などに情報が漏れないか心配です。

A.M&Aに関する秘密は厳守しますので、ご安心ください。
秘密の保持は、M&Aを進める上でもっとも重要なポイントのひとつです。
クロージング前に情報が漏れると、従業員の士気が下がったり、風評被害を受けたりすることが考えられます。ノンネームシート(匿名の概要書)による紹介など、秘密保持契約に基づいた情報の取り扱いを徹底しています。

Q2.M&Aにはどんなメリットがあるの?

A.M&売り手企業様にとっては、後継者問題を解決できることが大きなメリットです。親族や「番頭さん」への事業承継が難しいケースでも、他の企業とのM&Aを実現できれば従業員の雇用を守り取引先を継承することができます。その結果、事業の拡大・発展も期待できます。
売り手企業様にとってのメリットは、「ヒト」「モノ」「ノウハウ」といった経営資源をスピーディーに獲得できることです。
新規事業に低リスクで参入することができ、会社全体の成長につながります。

Q3.規模の小さい会社でもM&Aの対象になるの?

A.「うちのような中小企業はM&Aに縁がない」という声を聞くことがありますが、実は中小企業のM&Aは頻繁に行われています。
フォーナレッジは中小企業の課題解決に強みを持つM&A仲介会社です。
大手M&A業者が扱いにくい、実質売買価額1億円以下のM&Aも積極的に取り扱っていますので、ぜひ気軽にご相談ください。

Q4.方針が決まっていないのに相談しても大丈夫?

A.売主様にとってのM&Aは必然に迫られてすればするほど、足元を見られて価額が低くなってしまいます。まずは、信頼できるM&A業者に相談して頂き、準備を始められることをお薦めします。相談したからといって、情報が漏れることはありません。
なお、弊社であれば、完全成功報酬制なので、相談料はもちろん着手金も不要です。

料金体系はこちら Q&Aはこちら
MENU CLOSE ×

MENUQ & A

Q1.

従業員や取引先などに情報が
漏れないか心配です。

Q2.

M&Aにはどんなメリットがあるの?

Q3.

規模の小さい会社でも
M&Aの対象になるの?

Q4.

方針が決まっていないのに相談しても大丈夫?

社名の由来

About FOUR KNOWLEDGE?

当社の社名「フォーナレッジ」は、Four(四)とKnowledge(知)を組み合わせた言葉です。日本語にすると、「四知(しち)」。四知というのは中国の『後漢書楊震伝』を由来とする言葉で、自分が秘密にしたいことでも「天、地、我、子(相手)」の四者には知られていることを表しています。
知っている者がある以上、どんな状況においても良心に基づき、公明正大な行いをしなければならない。そんな心構えを自社の社名とし、仕事に向き合う上での道標としています。

会社概要はこちら 代表メッセージは
こちら

交通アクセス

〒461-0001
名古屋市東区泉1-15-14 アルピニストビル7階
名古屋市営地下鉄 桜通線 久屋大通駅1A出口より徒歩1分

会社概要はこちら 代表プロフィールは
こちら